カテゴリ:おまけ( 147 )

ことしもよろしく

f0221648_17570065.jpg

[PR]
by otogiyomi | 2016-01-04 17:58 | おまけ | Trackback | Comments(0)

どもメニュー

江別の灯台 みんなのオアシス

ドラマシアターどもⅣの喫茶メニューをご紹介

どうぞみなさんひねもすまったりどもでお過ごしくださいまし
f0221648_18523111.jpg
f0221648_18524425.jpg

[PR]
by otogiyomi | 2015-11-08 18:56 | おまけ | Trackback | Comments(0)

ヘンテコフェスティバル

f0221648_17310687.jpg
去る10月17日

我らが江別にヘンテコなオトナがいっぱい集まった!

ヘンテコフェスティバル、この日のために実行委員のみんなは本当に丁寧に準備をすすめてきた

お空もみていてくれたんだなー

北海道らしい青空が広がる秋晴れ!そして無風!



コドモに楽しんでもらいたい!という思いのつまったコドモ縁日は

晴天のなかで大盛り上がり!

開場寸前まで制作していたダンボール迷路や

コドモによるコドモのための「ぶんぶんゴマ」ワークショップ

まとあてゲームではなんとメインゲストの石川浩司さんが「まと」になってくれて

コドモもオトナも大喜びー



きれいにレイアウトされたヘンテコマルシェでは

自然食ホロのパンやお菓子

minomata_labの手作りの服と雑貨

無農薬の八百屋さんにこだわりのおしるこ屋さん

しっとり甘いぽへぽへ農園のやきいも

やさしいものばかりのお店がならんでいた



ライブ中、まるさん司会進行してたからステージ前のソデで

お客さんのお顔もよくみえた

みんなずっと口半開きでびっくり顔と爆笑を交互に繰り返してた

もちろんまるさんもひーひーげひゃげひゃ

嗚呼、みなさん本当にすばらしいアーティストであった



メインゲストの石川浩司さんのライブ中・・・

「こりゃヘンテコじゃない!」と思った

f0221648_16190273.jpg
↑ヘンテコフェスティバルFBより転載「アンコール」で出演者勢ぞろい!手前のリコーダーをにぎってノリノリなのはまるさんヨ↑



ここに集まった人はみな人間味あふれた真人間だ!

こんな世の中にもこんなにも人間愛にあふれた大人がいるんだよ!ということを

コドモにもオトナにもつたえられた!

云云、好き日哉、好き日哉

ヘンテコ万歳!












 

[PR]
by otogiyomi | 2015-10-22 16:41 | おまけ | Trackback | Comments(0)

まるさんのなつやすみ

みんなの夏休みどうでしたか?

先週のことではありますが

遅まきながらまるさんも夏休みしてたのだ

富良野から道北へ

おじじとおばばのモリにあいに行ってきたヨ



出発!
f0221648_10553944.jpg
まるさんちのボロ車ん中・・・車中泊可仕様

でもこのたびは車中泊したのは愛犬あすぱらくん一匹



まずは富良野でモリの仲間たち25人(!)と落ち合ってお昼ゴハンをいただいて

十勝岳温泉へ

f0221648_10561950.jpg
まるさんちのボロ車、よく登ったなー

この十勝岳温泉は「標高1,290mの高所、北海道で最高所の温泉地」だって

しかし、温泉についたらガンバリすぎたまるさんちの車は

ラジエーター液?クーラント液?だか「緑色の液体」が噴出して

ちょっと慌てタ(笑)惨事は逃れたけれども・・・
f0221648_10563205.jpg
「かみふらの八景」は曇がかかっていた

f0221648_10565381.jpg
でも山はいいねー、かえがたい美しさデス





さていざモリへ

じつはモリにはしろさんが先行して滞在していた

なのでまるさんはしろさんの「塒/ネグラ」に転がり込む

しかしそこは「塒/ネグラ」というより「お城」であった

じゃーん!

f0221648_10571482.jpg
テントと折りたたみ椅子の他はアウトドアグッズ的なものはアリマセン

なんとワイルドな!丸太の棚は調理作業台

調理台にはしろさんがモリの木で作ったという木彫りスプーンが・・・
f0221648_10583256.jpg

調理はこちらで致します

f0221648_10573450.jpg
炭火じゃないよ、薪だよ
f0221648_10580048.jpg
薪割りしながら・・・朝のコーヒーのお湯を沸かす

f0221648_11001105.jpg

テントのすぐ横を数歩降りるときれいな沢が流れる

f0221648_10590539.jpg
f0221648_10592049.jpg
f0221648_10593668.jpg
この沢が「冷蔵庫」と「流し」と「洗濯機」になる

調理に使う水もこの沢からいただいた(加熱必須)



沢の向こうからみた「お城」↓

f0221648_12042522.jpg

うーん、いいねぇ

さて、ここは「モリの子どもの村」です

夏休みの間、全国から集まった子ども達がモリで「主人公」となって過ごす場所



まるさんが行ったときには北海道の夏休みは終わっていたけれど

本州からやってきた子ども達がまだモリに居てくれていた

モリのみんなに会えて嬉しかったなー

その感謝をこめて・・・「おとぎよみ」してみたよ

f0221648_12165051.jpg
まるさんがモリに来た翌日にみかこさん一家もいらしたので

やっぱりこれね「しろまるさんとみかこさんのおとぎよみ」

演目はモチロン「こむじいさん」

f0221648_12113629.jpg
妙なる沢の音をBGMに

まるさんはウクレレ

しろさんは鍵盤ハーモニカ

みかこさんの相棒もジャンベで参加してくださって
f0221648_12250626.jpg

豪華絢爛な「モリのおとぎよみ楽団」での「こむじいさん」と相成りました

f0221648_12295682.jpg



f0221648_12313246.jpg
近年モリのキノコがとても少なくなっているそう

木々が伐採されているからとのこと

木とキノコはつながりあって生きている

それでもモリはなにものをも受け入れ包んでくれる深さをもってそこに在る

f0221648_12315794.jpg
f0221648_12325095.jpg
f0221648_12323270.jpg
f0221648_12374974.jpg
そんなモリの命のヒトツとして居られる幸せに満ちた数日間であった

「ヒトはモリを作ることができない、ヒトはモリを守ることはできない、けれどヒトはモリから学ぶことができる」

モリのとある美しい朝のおじじの言葉


たくさんのモリの仲間に会えたこと、夏のモリに身を置けたことに感謝して

どこに居てもモリをこころに生きよう



f0221648_12494243.jpg














[PR]
by otogiyomi | 2015-08-27 13:00 | おまけ | Trackback | Comments(2)

みどりのにわ

木や草や花や虫や鳥・・・あらゆる命が

爆発的に息吹いて興奮して仕舞って居る今日此の頃

はふー



ことしのしろまるさんちのお庭はゲンキがいい

今までなかなか越冬できなかったセージやタイムの株が越冬していたり

ピンクパーフェクション(クレマチス)がこんなにも

咲いてくれた

f0221648_17595914.jpg
f0221648_17594052.jpg
華々しいねー






早い雪解けのあとの寒暖差の春だったけれど

育てていた苗たちもなんとか育って植え込みもひと段落

カッコウ鳴いて豆まいて種まきもひと段落

f0221648_17561214.jpg
f0221648_18084483.jpg
f0221648_17565271.jpg
二十日大根も色白美人にそだちました

f0221648_18002036.jpg
しろまるさんちのお庭で野良シゴト・・・もとい、のんびりしたいヒト

あそびにきてね










そして、ことしからお花やさんもしてます

小商い、小商い

「しろまるさんちのガーデンブーケ」

なにげなく咲いている花を摘んでまるさん自己流アレンジ
f0221648_17574616.jpg
f0221648_17583062.jpg
f0221648_17590784.jpg


こちらはキッチンブーケ
f0221648_17584988.jpg
フレッシュハーブティーにしたり

料理に添えたり・・・台所に飾ると好いヨ




今日は依頼もあって・・・結婚式場を飾る花達を摘みました

f0221648_17571405.jpg
ちょうど素朴な草花の季節

素朴なお二人にきっと似合うネー






















[PR]
by otogiyomi | 2015-06-04 18:40 | おまけ | Trackback | Comments(2)

モリ

五月のモリに居た

f0221648_17453443.jpg

モリにあるのはたくさんのいのち

ひとつひとつ「ここがワタシのフルサトよ」と

立っている、咲いている、芽吹いている
f0221648_17412456.jpg
ささえあって、まもりあって、地球のいのちのひとつとして生きていた


モリに居ると自分もそのひとつになっていられるような気がして心地よいのです

ワタシが生きていることで誰かが生きている

そんな感じが幸せなのです


自分のちいさなおこないが誰かの幸せになっていたらいいなー

自分のちいさなおこないがどこかで誰かを悲しませることがありませんように

そんな願いがモリにいると自然に叶う、と思うのです






[PR]
by otogiyomi | 2015-05-12 17:57 | おまけ | Trackback | Comments(0)

つくし

春!いろいろ生えてくる!ありがたやーありがたやー

気がつけば、食卓には

山わさび、行者にんにく、山にんじん(シャク)、ふきのとうなど

全部庭からいただいた食材で作った常備菜が並ぶ

そして・・・

つくしの子が恥ずかしげに 顔を出します~♪

つくし、出てきたねー

ニョキニョキそこらじゅうから出てくる姿は

恥ずかしげにまったく見えないけれども

まるさん好物、春の味覚~

・・・で、摘んでキタ
f0221648_10483230.jpg
はかまをとって・・・


暇人ねー

f0221648_10484636.jpg
ごま油で炒める

f0221648_10490675.jpg
酒と醤油にてんさいオリゴ糖を少し

f0221648_10492145.jpg
はい、つくしのつくだにー


デキマシタ



うーん、地球と共生している感が幸せダ


[PR]
by otogiyomi | 2015-04-22 11:15 | おまけ | Trackback | Comments(0)

春空

春風ピーヒョロロロー
f0221648_11071280.jpg
ピーヒョロー
f0221648_11073436.jpg
f0221648_11072413.jpg

青がきれい
f0221648_11062020.jpg
こんなところでくらしています(右端にまるさんちがみえるよ)
f0221648_11063486.jpg
山はとおいよ、ズーム!ズーム!
f0221648_11064715.jpg
雪さんまたこんど
f0221648_11054458.jpg
福寿草さんひさしぶり
f0221648_11053097.jpg



[PR]
by otogiyomi | 2015-04-14 11:13 | おまけ | Trackback | Comments(0)

ピースズメ

「ピース!ピース!千代!千代!」

台所の窓の向こうから聴こえる

「ピース!ピース!千代!千代!」

内窓をあけるとスズメ

f0221648_17124832.jpg
銀色の真綿のような花穂のついた柳の枝にとまって啼いている


君は平和を願ってるんだねー

しかも千代(千年・長い年月)の平和を・・・

スズメさんは自らの思考で生きている

まるさんもそうありたい

f0221648_17130182.jpg

この世のルールを守ることが正しいとは限らない

罰せられないことが良しではない

本当の人間らしさ

真の優しさ、真の善を

自らの思考でみつめたい



けれどこの青空は本当に青いだろうか・・・そんなことを思い

なにかスズメに顔向けできないような心持になって

「雪」を思い出していた






 雪   中井 正一



 朝から、空は暗く、チラチラ窓のふちから、雪が散りこぼれて來た。
 もうすでに六十日、これから何百日ゐるかわからない留置場で、
私は、この雪をめづらしい外からまぎれ込んだ、自由の世界から
入つて來てくれたものゝ樣な感じで今更のやうにみつめたのであつた。

 一つ一つ、きれいな結晶をしてゐた。
纖細をきはめたかぼそい線ではあつたが、一つ一つが數へられる
美しさでからみ合つた、精密をきはめた機構をもつてゐた。
 次から次にこぼれ落ちる雪の、どの一片一片もが、
一つ一つ宮殿の一部だと云つていゝほどの複雜な構成をもつてゐた。

 私はもう一度、暗い空を見上げた。
 暗い暗い空は、一杯の雪をはこんで、重い移動の樣に、壓するものを
もつてゐた。
 私は、あの一つ一つが、この精密な結晶をもつて、
あの大空の奧から湧いて來るのだと思ふとき何か愕然たる驚きに搏たれた。
 二万尺の大空の高さで、一厘の狂ひもない正確さで結晶したこの水滴の
一つ一つが、こんなに澤山、こんなに空に滿ち滿ちて落ちて來てゐることが、
恐ろしいほど不思議なことの樣に思へて來た。
 この存在の中にある、深い秩序を、この覆ひかぶさつて來る
暗い白いものゝ移動がかくしもつてゐる。

 私は、このみちみちた精密をきはめた秩序に、みるみるうちに
壓倒せられる思ひであつた。
 この六十日、合理、理論の合理にのみ身をよせて、抗辯したにも
かゝはらず、戰爭に反對したことより以外に何の證據もないのに、
打たれたり蹴られたりしてゐる自分にとつて、
この雪の中に、又大空にみちみちてゐるこの秩序は、
泌透る樣にこゝろを刺貫くものをもつてゐた。

 南京が陷ちたと云つて昨夜は外は騷しかつた。
しかし支那事變は長期となり、やがて世界戰となり或は
毒ガス細菌戰に轉移するから、絶對に反對すると云ひつゞけた自分としては、
何れ何處かで、自分の死にまで連續してゐるこの度の戰に、せめて反對
したことだけを滿ちたりる事としてゐたのであつた。
 しかし、この雪を見てゐるうちに、私は深い憤りに身をふるはす思ひであつた。
この充ち充ちてゐる秩序の中で、人間のこの秩序だけは、
この一片の雪にだに、面と面をむけ得るものではないのだ。
 この一片の雪に向つて、この私達の世界が顏むけならないのではないか。
 雪は窓のふちに抛物線を描いて、だんだんつもつて行つた。

 晝頃になつて、調室に出された私は、係官のT刑事に、
「この雪は二万尺の上から、一つ一つ結晶して落ちて來てゐるんです。
この一片の雪よりも、私達の世界の方がみじめです」と云つた。
 刑事は、いつも、きつい目をしてにらみ据える人間だつたが、
その時だけは、だまつて、窓に向つて歩いて行つて、
じつと空をしばらく見上げてゐた。

 その事があつてから、人間の愚劣に對する私の驚嘆は、日と共に深くなり、
自分も同時に人間全体とすこしも變りなくその愚劣さ、氣障さ、たわいなさ、
まことに口にすべからざるものであることに往生したのであつた。

 その頃、中宮寺の觀音のほゝえみが妙に私の頭を往來した。
何か自分のこゝろのほとりもこれに似たものがつきまとつてゐる樣であつた。
 何の證據もなくても、或ひはないが故に少し長引いて
丸三年間の自由をうばはれて後、戰爭のさ中、
やつと、私は執行猶豫の身となつた。
 しかし、私は、あの雪の日以來、大空を壓して降りて來る
あの固々たる雪の中の深い秩序が、何時の雪の日にも、
私のこゝろによみがへつて來る。
 そして、この大都會の人の世の上に降つてくる雪が、
この上もない美しいものとなつて呉れたのである。

掌の上でとける雪も、あの二万尺の上から、
あの結晶をはこんでくることを思つて、今も、私は涙ぐむのである。



[PR]
by otogiyomi | 2015-04-02 17:59 | おまけ | Trackback | Comments(0)

春分の日

今年も大切な節目の春分の日が過ぎていきました

今朝は初ふきのとう!

摘んですぐにお味噌汁にはなすと

春の香りがひろがるひろがる


さて、その大切な節目の春分の日

脱原発芸術祭のつくるみ劇場が開催されて

まるさんは司会役してました

f0221648_13452420.jpg
小さな会場にマルシェも充実

すてきなお店屋さんいっぱいー


そして劇場は今年も濃厚なアーティストが勢ぞろい

本当にあたたかいステージだった


なかでもまるさんはザ・オウマーズのimagineが沁みて沁みて

うるうるうるうる・・・

メンバーのお人柄がにじみ出てねー

んだ!んだ!と頷きながら拝聴しておりました
f0221648_13445729.jpg
こちらはリハーサル風景↑(撮影:つくるみ委員会)



本番ではジョン・レノンさんと忌野清志郎さんも

劇場どもにおそろいでいらっしゃって

ステージのお馬さんたちを応援していた(ような気がした)




『みんながそう思えば簡単なことさ』

ほんとうに・・・













[PR]
by otogiyomi | 2015-03-23 14:11 | おまけ | Trackback | Comments(0)


語り・音楽・影絵・人形劇などの「しろまるさんのおとぎよみ」のこと。愛犬あすぱら君との「土に暮らすかたち」などの徒然も。


by まるさん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめまして
おしらせ
第3サンデーのおとぎよみ/紙芝居・絵本
しろまるさんのおとぎよみ/語り・音楽
しろまる作品/版画・絵・影絵
あすぱら君/犬
おまけ

最新の記事

ブログ家出
at 2017-01-05 15:10
FURUSATOまであと一週間!
at 2016-10-29 20:35
FURUSATO 2016
at 2016-09-27 16:35
もりのすみかでおとぎよみ
at 2016-09-24 19:40
しろまるさんのおとぎよみin..
at 2016-09-22 17:52

画像一覧

最新のコメント

舞台はすべてこどもたちを..
by まる at 16:12
おめでとうございます!1..
by えほんまにあ(シータ) at 17:01
共感、うれしいです!たま..
by まる at 07:54
10周年、おめでとうござ..
by たまき at 07:05
ようこそ。はじめまして。..
by まる at 08:01

ブックマーク

木を植えよう

検索

ブログジャンル

北海道
アート・デザイン