ピースズメ

「ピース!ピース!千代!千代!」

台所の窓の向こうから聴こえる

「ピース!ピース!千代!千代!」

内窓をあけるとスズメ

f0221648_17124832.jpg
銀色の真綿のような花穂のついた柳の枝にとまって啼いている


君は平和を願ってるんだねー

しかも千代(千年・長い年月)の平和を・・・

スズメさんは自らの思考で生きている

まるさんもそうありたい

f0221648_17130182.jpg

この世のルールを守ることが正しいとは限らない

罰せられないことが良しではない

本当の人間らしさ

真の優しさ、真の善を

自らの思考でみつめたい



けれどこの青空は本当に青いだろうか・・・そんなことを思い

なにかスズメに顔向けできないような心持になって

「雪」を思い出していた






 雪   中井 正一



 朝から、空は暗く、チラチラ窓のふちから、雪が散りこぼれて來た。
 もうすでに六十日、これから何百日ゐるかわからない留置場で、
私は、この雪をめづらしい外からまぎれ込んだ、自由の世界から
入つて來てくれたものゝ樣な感じで今更のやうにみつめたのであつた。

 一つ一つ、きれいな結晶をしてゐた。
纖細をきはめたかぼそい線ではあつたが、一つ一つが數へられる
美しさでからみ合つた、精密をきはめた機構をもつてゐた。
 次から次にこぼれ落ちる雪の、どの一片一片もが、
一つ一つ宮殿の一部だと云つていゝほどの複雜な構成をもつてゐた。

 私はもう一度、暗い空を見上げた。
 暗い暗い空は、一杯の雪をはこんで、重い移動の樣に、壓するものを
もつてゐた。
 私は、あの一つ一つが、この精密な結晶をもつて、
あの大空の奧から湧いて來るのだと思ふとき何か愕然たる驚きに搏たれた。
 二万尺の大空の高さで、一厘の狂ひもない正確さで結晶したこの水滴の
一つ一つが、こんなに澤山、こんなに空に滿ち滿ちて落ちて來てゐることが、
恐ろしいほど不思議なことの樣に思へて來た。
 この存在の中にある、深い秩序を、この覆ひかぶさつて來る
暗い白いものゝ移動がかくしもつてゐる。

 私は、このみちみちた精密をきはめた秩序に、みるみるうちに
壓倒せられる思ひであつた。
 この六十日、合理、理論の合理にのみ身をよせて、抗辯したにも
かゝはらず、戰爭に反對したことより以外に何の證據もないのに、
打たれたり蹴られたりしてゐる自分にとつて、
この雪の中に、又大空にみちみちてゐるこの秩序は、
泌透る樣にこゝろを刺貫くものをもつてゐた。

 南京が陷ちたと云つて昨夜は外は騷しかつた。
しかし支那事變は長期となり、やがて世界戰となり或は
毒ガス細菌戰に轉移するから、絶對に反對すると云ひつゞけた自分としては、
何れ何處かで、自分の死にまで連續してゐるこの度の戰に、せめて反對
したことだけを滿ちたりる事としてゐたのであつた。
 しかし、この雪を見てゐるうちに、私は深い憤りに身をふるはす思ひであつた。
この充ち充ちてゐる秩序の中で、人間のこの秩序だけは、
この一片の雪にだに、面と面をむけ得るものではないのだ。
 この一片の雪に向つて、この私達の世界が顏むけならないのではないか。
 雪は窓のふちに抛物線を描いて、だんだんつもつて行つた。

 晝頃になつて、調室に出された私は、係官のT刑事に、
「この雪は二万尺の上から、一つ一つ結晶して落ちて來てゐるんです。
この一片の雪よりも、私達の世界の方がみじめです」と云つた。
 刑事は、いつも、きつい目をしてにらみ据える人間だつたが、
その時だけは、だまつて、窓に向つて歩いて行つて、
じつと空をしばらく見上げてゐた。

 その事があつてから、人間の愚劣に對する私の驚嘆は、日と共に深くなり、
自分も同時に人間全体とすこしも變りなくその愚劣さ、氣障さ、たわいなさ、
まことに口にすべからざるものであることに往生したのであつた。

 その頃、中宮寺の觀音のほゝえみが妙に私の頭を往來した。
何か自分のこゝろのほとりもこれに似たものがつきまとつてゐる樣であつた。
 何の證據もなくても、或ひはないが故に少し長引いて
丸三年間の自由をうばはれて後、戰爭のさ中、
やつと、私は執行猶豫の身となつた。
 しかし、私は、あの雪の日以來、大空を壓して降りて來る
あの固々たる雪の中の深い秩序が、何時の雪の日にも、
私のこゝろによみがへつて來る。
 そして、この大都會の人の世の上に降つてくる雪が、
この上もない美しいものとなつて呉れたのである。

掌の上でとける雪も、あの二万尺の上から、
あの結晶をはこんでくることを思つて、今も、私は涙ぐむのである。



[PR]
by otogiyomi | 2015-04-02 17:59 | おまけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://otogiyomi.exblog.jp/tb/23856420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


語り・音楽・影絵・人形劇などの「しろまるさんのおとぎよみ」のこと。愛犬あすぱら君との「土に暮らすかたち」などの徒然も。


by まるさん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめまして
おしらせ
第3サンデーのおとぎよみ/紙芝居・絵本
しろまるさんのおとぎよみ/語り・音楽
しろまる作品/版画・絵・影絵
あすぱら君/犬
おまけ

最新の記事

ブログ家出
at 2017-01-05 15:10
FURUSATOまであと一週間!
at 2016-10-29 20:35
FURUSATO 2016
at 2016-09-27 16:35
もりのすみかでおとぎよみ
at 2016-09-24 19:40
しろまるさんのおとぎよみin..
at 2016-09-22 17:52

画像一覧

最新のコメント

舞台はすべてこどもたちを..
by まる at 16:12
おめでとうございます!1..
by えほんまにあ(シータ) at 17:01
共感、うれしいです!たま..
by まる at 07:54
10周年、おめでとうござ..
by たまき at 07:05
ようこそ。はじめまして。..
by まる at 08:01

ブックマーク

木を植えよう

検索

ブログジャンル

北海道
アート・デザイン