しろまる的かさじぞう

春 私は種を撒く 
春 私はいっせいに芽吹くあたらしい季節に震えながら歓喜する 

夏 私は雨乞いをする 
夏 私は眩い白としめやかにひろがる黒のあらわす自由に救われ感銘する

秋 私は薪を割る 
秋 私はちいさなひとつひとつの命の表現と本当の宝物に出逢い感動する

冬 私は笠を編む
冬 私は静かに笠を編む


―土と語り 空を見上げ 風を撫ぜるいとなみは 
       清らかにゆかしく心やさしい 血の流るること―



かさじぞう

美しい里山にそっと暮らす二人があった
師走晦日 しんと寒くも穏やかなるこの日を迎えて
うつろい過ぎ去ったそれぞれの季節に在った天地(あめつち)を尊ぶ
けれどもつましい家には大晦日というのに米の一粒もない
あたらしい朝にお供えする酒も餅もない
あるのはほんのすこしばかりの漬け菜っこと
今しがた編みあがった五つの笠

「然らば今日は町へ行き、私のこさえたこの笠を酒と餅にかえて参ろう」

「今夜は吹雪のお空です 
なにとぞお気をつけていってらっしゃいまし あったかい火ぃ焚いて待っとります」


ちらりちらりと雪吹きさらす野原をゆけば、地蔵様のそっと佇むところ

「地蔵様 野中の六地蔵様や ちょっと行って参ります 
帰り道にはきっと酒と餅を御供え申しますぞ」


里山をおりると町は大歳の市の賑わいをもって
正月を迎える準備をする人々の雪踏む音の重なり合う 

「笠やでござい 笠やでござい 笠や、笠や、笠はいらんかな」

けれども笠はひとつも売れない 年暮れに笠をほしがる者はいない

「笠やでござい 笠やでござい 笠や、笠や、笠はいらんかな」

日も暮れて雪はいよいよ降りしきる




あきらめてとんぼりとんぼりの帰り道 雪風舞う野っ原をゆけば そっと佇む地蔵様

「地蔵様 野中の地蔵様や 
これはさぞかし寒かろう 雪こさ埋もれてござらっしゃる 
どんなにかつめたかろう 鼻からつららを垂らしておられる 
地蔵様や 酒も餅も手にはいらずになんのお供えもありません
せめて 頭の雪をはらい顔の雪をはらい肩の雪をはらい
背中の雪もみんな払い落としてあげましょう」 


雪はぼんぼん 雪はぼんぼん 

「そう 六地蔵様この笠をかぶせもうしましょう
ひとつかぶりなさってください
ふたつかぶりなさってください
みっつかぶりなさってください
よっつかぶりなさってください
いつつかぶりなさってください
むっつ・・・ほ  ひとつ足らんの
致し方なし私のかむっていたこのつぎはぎの古手ぬぐいで
どうか勘弁なさってください
さてこれで大丈夫 
地蔵様どうかお達者でよいお年をお迎えください」


雪はぼんぼん 雪はぼんぼん

「さぁさぁよくおかえりしました 火ぃさあたってくださいな 
きっと地蔵様も喜ばれたこと 本当にいい夜です
今年もなんにもないけれど、二人達者でそれがなにより
笠こかむった地蔵様を思えば 心持ちもあったかい」


そうして二人 漬け菜っこかみかみ白湯こを飲んで、この一年の奇跡の物語を語り合い
そうして二人 あたらしく来る年を平らな心で迎えましょうと眠ります

雪はぼんぼん  雪はぼんぼん

つめたく白んだ冬空に雪降る音の微かに響く丑三つ時
遠く遠くのむこうから、きこえてくる きこえてくる

しゃんがらん しゃんがらん しゃんがらんりん 

雪はぼんぼん 雪はぼんぼん

よういさ よういさ よういさなー しゃんがらりん しゃんがらりん
じょいやさ じょいやさ じょいやらさ しゃんがらりん しゃんがらりん
えいこらしゃーのさー
地蔵さ笠っこかぶせたやさしい笠やの家はどこじゃい

手ぬぐい地蔵様と笠地蔵様の歌の近づいてくる近づいてくる

よういさ よういさ よういさなー しゃんがらりん しゃんがらりん
じょいやさ じょいやさ じょいやらさ しゃんがらりん しゃんがらりん
えいこらしゃーのさー
地蔵さ手ぬぐいかぶせたやさしい笠やの家はどこじゃい

しゃんがらりん しゃんがらりん しゃんがらんりん

雪はぼんぼん

しゃんがらりん しゃんがらりん しゃんがらんりん

雪はぼんぼん

しゃんがらりん しゃんがらりん しゃんがらんりん
しゃんがらりん しゃんがらりん しゃんがらんりん

[PR]
by otogiyomi | 2014-01-01 13:05 | しろまるさんのおとぎよみ/語り・音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://otogiyomi.exblog.jp/tb/21201042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


語り・音楽・影絵・人形劇などの「しろまるさんのおとぎよみ」のこと。愛犬あすぱら君との「土に暮らすかたち」などの徒然も。


by まるさん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめまして
おしらせ
第3サンデーのおとぎよみ/紙芝居・絵本
しろまるさんのおとぎよみ/語り・音楽
しろまる作品/版画・絵・影絵
あすぱら君/犬
おまけ

最新の記事

ブログ家出
at 2017-01-05 15:10
FURUSATOまであと一週間!
at 2016-10-29 20:35
FURUSATO 2016
at 2016-09-27 16:35
もりのすみかでおとぎよみ
at 2016-09-24 19:40
しろまるさんのおとぎよみin..
at 2016-09-22 17:52

画像一覧

最新のコメント

舞台はすべてこどもたちを..
by まる at 16:12
おめでとうございます!1..
by えほんまにあ(シータ) at 17:01
共感、うれしいです!たま..
by まる at 07:54
10周年、おめでとうござ..
by たまき at 07:05
ようこそ。はじめまして。..
by まる at 08:01

ブックマーク

木を植えよう

検索

ブログジャンル

北海道
アート・デザイン