開拓時代

芋を植えるために草っぱらを開拓する

通りがかりのご近所の農家さんがトラックをとめて

「なぁ~にやってんのぉ?」とにやにや

農家さんからみると

「そんなとこ畑にならんっしょ」という感らしく

うくく

さらに鍬(クワ)を振るう

まるさんのへっぴり腰も

見物だったことでせう(笑)

すっかりひやかされました



でもまるさんは真剣ですぞ

ここで芋を育てるのです

北海道の芋をぽっこぽこに育てるのです






閑話休題





ハンケチーフを持ち歩くことが

節電になることに気づきました


公共施設の手洗いにある

びちょびちょの手を差し入れると

風がぶをををを~~と吹いて

手をさらんと乾かしてくれるアレ、なんていうのかしらん

あれを使わなくて済むのだよねぃ

ハンカチ、チリ紙、持チマシタカ~?



二、三日前までいらしていた白鳥たち
f0221648_19213813.jpg




福島原発の「廃炉」を求める有志の会
原発がどんなものか知ってほしい




ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by otogiyomi | 2011-04-21 19:26 | おまけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://otogiyomi.exblog.jp/tb/15849802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by たまき at 2011-04-21 23:57 x
北海道には、2,3日前まで白鳥がいたんですね。
日本て狭いけどやっぱ広い。
宮城からはとっくに飛んで行ってました。

僕は隣の家のおじいさんとおばあさんが
畑仕事の師匠だったんですけど
最初の頃は、何をやっても、
あーがんばってるねぇって感じで見られてました。
鍬を持つときの腰の入れ方でもうわかっちゃうんですよね。

百姓仕事は地域でまるっきりやり方が違うので
ここいらとは違うでしょうが今は亡き隣のじいちゃんに
種芋を置いたらかかとで踏んで(地面に押し込み)
その長靴のつま先に次の種芋を置くとちょうど1尺だ
と教えてもらった事を思い出しました。

がんがん開拓してください・笑
Commented by まる at 2011-04-22 09:59 x
ここに来ていた子達のなかには
宮城から来た白鳥もいたかもしれないですねぃ
渡り鳥はちゃんとじょうずに地球と共生してます
エライ、エライ

おお、かかとからつま先ですか
いちばん身近な定規ですねぃ
わたしもやってみます

地域のお百姓さんのおしごとって
そうやって伝わってきたのでしょうね
たいせつにしたいです




語り・音楽・影絵・人形劇などの「しろまるさんのおとぎよみ」のこと。愛犬あすぱら君との「土に暮らすかたち」などの徒然も。


by まるさん

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめまして
おしらせ
第3サンデーのおとぎよみ/紙芝居・絵本
しろまるさんのおとぎよみ/語り・音楽
しろまる作品/版画・絵・影絵
あすぱら君/犬
おまけ

最新の記事

ブログ家出
at 2017-01-05 15:10
FURUSATOまであと一週間!
at 2016-10-29 20:35
FURUSATO 2016
at 2016-09-27 16:35
もりのすみかでおとぎよみ
at 2016-09-24 19:40
しろまるさんのおとぎよみin..
at 2016-09-22 17:52

画像一覧

最新のコメント

舞台はすべてこどもたちを..
by まる at 16:12
おめでとうございます!1..
by えほんまにあ(シータ) at 17:01
共感、うれしいです!たま..
by まる at 07:54
10周年、おめでとうござ..
by たまき at 07:05
ようこそ。はじめまして。..
by まる at 08:01

ブックマーク

木を植えよう

検索

ブログジャンル

北海道
アート・デザイン